ブブーレーシック

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。

葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。

 

ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。

 

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。

 

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。

 

妊活中の女性において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

 

他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。

 

夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。

 

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

 

http://www.j23.biz/